結婚生活

付き合いが長いカップル必見!私が彼と7年も付き合った理由と結婚できたわけ

付き合いが長いカップル必見!私が彼と7年も付き合った理由と結婚できたわけ

結婚ラッシュの真っ只中のkomakoです。結婚報告を聞く機会が多くなってきました。その度に幸せをわけてもらっています。

私の友達は2~3年付き合って結婚するカップルが多い気がします。そんな私、komakoは旦那さんと7年程付き合って結婚しました。7年…あっという間だったけれど数字をみるととても長く感じます。

そこで今回は旦那さんとなぜ7年も付き合って結婚したのか考えてみました。

長い付き合いでもお互い思いやる気持ちが大事!7年も付き合えた3つの理由

手をつなぐふたり

旦那さんとは結婚するまで7年間付き合っていました。まずは7年間付き合えた理由を考えてみました。

一緒にいると落ち着く

定番かもしれないですが大事なことだと思います。落ち着くを具体的に言うと、私は無言でも気にならない関係だと私は思います。

私は普段、無言の空気が苦手。無言の時間が嫌でどうでも良いことをベラベラ勝手にしゃべるタイプです。今でも無言が平気なのは「家族」と「旦那さん」だけです。すごく仲良しな友達でも無言の時間は苦手です。何かしゃべらなきゃと駆り立てられます。

komako
komako
気にしいの性格直したい。

私たちは先輩(旦那さん)と後輩(私)の関係からスタートしました。最初は無言なんてもちろん無理でした。でも気がついたら自然と敬語も抜け、友達感覚で気軽に話せる関係になっていきました。

気を遣わない関係は長続きする理由の一つだと思います。

素直になんでも話せる

私の表も裏も一番知っているのは旦那さんです。家族以上に旦那さんの前では素直になれます。きっとツイッターの裏アカでつぶやくようなことを私は旦那さんにつぶやいています。愚痴もワガママも素直になんでも話せる関係です。

お互いを思いやる気持ち

愚痴もワガママも旦那さんに言いますがお互い思いやる気持ちは忘れてはいけないと思います。

相手の喜ぶ顔をみたいから、いつもだったらめんどくさいことでもササッと動きたくなるのが旦那さんです。彼はそうは思っていないかもですがそれでもたくさんわがまま聞いてもらっているので良しとします。

尽くし尽くされの関係はお互い思いやる気持ちがあってからこそです。これからも大事にしていきたいです。

原因は私の一言!7年間プロポーズされなかった理由

悲しい顔のお皿

最初にあげた「落ち着く関係」は裏を返せばマンネリ化しているということです。確かに結婚する前は刺激もなくマンネリ化していたと思います。

しかしそのマンネリ化よりも結婚が長引いた要因があります。その原因は私の一言です。

旦那さんは結婚する気が全くなかった訳ではないです。付き合ってから5年ほど経った時、実は彼から結婚したいと何度か言われた時期がありました。

プロポーズとかではなくホントかるい感じ。彼は山梨勤務、東京在住の私は転職したて。結婚する=山梨に引っ越すことになるため私は仕事を辞めなくてはいけなくなります。その辺のことちゃんと考えいるのーーと軽く発言していることにムカッとしました。

そして「軽く結婚したいとか言うのやめて」と言ってしまったのです。

komako
komako
そこからは結婚の「け」の字も言われなくなりました。

そろそろ結婚のタイミングかなーと思っていても彼は言ってこず。結婚は勢いとも言いますがあの一言で私は結婚のハードルをあげてしまったのです。

komako
komako
結婚のタイミングってホント難しい。

マンネリ化カップルが結婚できた3つの理由

カップルの足

私は長い付き合いを経て結婚の意志が固まってきました。一方、彼は私の一言が原因でなかなかプロポーズしてくれませんでした。それでも最終的に結婚までこぎつけることができた3つの理由をご紹介します。

結婚したいことをやんわり伝える

まず自分でできることの一つは結婚の意思を伝えることです。

私はやんわりとあなたと結婚したいんですよーということを伝えました。あの時は結婚したくなかったけど今はもうしたいよーという意思表示です。←超自分勝手

とある12月。付き合ってもう何回も一緒に過ごした年末。彼と電話をしていた時に「また年末が来るね・・もう年末だよ!何事もなくまた一年が過ぎるよ!!!!」となんの前触れもなく言っちゃいました。

komako
komako
うーん、やんわりではないかもしれないですね。

でもそれが功を奏してか翌年のクリスマスに無事プロポーズしてくれました。プロポーズは男性にとっては一世一代の大仕事。相手の意思を知らないままプロポーズをするよりかは安心できるはずです。男性のプロポーズして断られる不安をなくしてあげましょう。

あと婚約指輪やプロポーズのシチュエーションなど希望があるならこちらもさらっと言っておくことをおすすめします。

komako
komako
私はあまり人前で言われるとは嫌、特にフラッシュモブでのプロポーズはマジで無理と伝えておきました。結果、プロポーズは彼の部屋でしてくれましたよ。

親との対面

ちょうど結婚する1年前くらいに一度、私の実家で両親交えて食事をしました。

長く付き合っていたので親もそろそろお願いしますという意味を込めて彼を招待したと思います。食事中、一度は嫌でも結婚の話題がでるとは思います。父親は「いずれ結婚するとは思うけれど」と彼をやんわり脅していました。親も味方につけましょう。

結婚のスイッチが入るかは微妙ですが結婚を考える時期が来ていることは嫌でも悟ると思います。また、親との相性を見るためにも結婚報告前に食事するのはおすすめです!

まわりの友達も結婚し始めた

大きな要因のひとつです。私のまわりはまだでしたが彼のまわりは既婚者が増えてきた時期でした。トップバッターは誰でも怖いものです。結婚した先輩が増えるほど彼も結婚に意識がいくと思います。

その時に「私、結婚してもよいです!」と手を挙げればプロポーズの環境はばっちり整うはずです。

【まとめ】マンネリ化カップルの結婚は多少の環境整備が必要

付き合いが長かったことを伝えるとすごいねと言われます。でもすごいことなんてなんもないんです。ただマンネリ化しているだけなんです。

付き合って5年目で結婚していたらまた違う人生だったかもしれません。付き合って5年目の当時はなんとなく焦りもありました。でも今は7年目で結婚して良かったと思っています。この2年間に出会えた大切な人もいますので。

結婚は勢いもありますがタイミングもあります。彼が運命の人であればまたそのチャンスはやってくると思います。

長い付き合いから結婚にスライドさせるためには多少の環境整備は必要です。やんわりと意思を伝えて自ら結婚のチャンスを掴みに行きましょう。

以上、私が彼と7年も付き合った理由と結婚できたわけでした。

ABOUT ME
komako
千葉県在住、ふくろう好き主婦komakoです。大好きなふくろうのことや私の結婚生活について発信しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です