鼻炎手術記録

【鼻炎手術記録・第1章】鼻炎は手術で治す時代!鼻炎の症状と鼻のクリニック東京の初診予約までの経緯

【鼻炎手術記録・第1章】鼻炎は手術で治す時代!鼻炎の症状と鼻のクリニック東京の初診予約までの経緯

komako(@mofumofu_komako)です。私は昔からアレルギー等の持病を持たない超健康体です。

komako
komako
病院に行くのは風邪引いた時くらい。定期的に歯医者と眼科は行くけど病気とはまた違いますよね。健康な体を大事にしたいです。

一方、私の旦那さんは持病をいくつか持っています。その中のひとつに鼻炎がありました。慢性的に鼻が詰まっていてくしゃみもよくしていました。

昨年あたりから症状がひどくなり、本格的に治療ができるところがないか探しました。そして今年の11月に鼻のクリニック東京というところで鼻の手術を行いました。

病院探しから始まりおよそ1年かけてやっと鼻の手術を終えるところまできました。術後すぐはなかなか大変でしたが、現在は鼻水・鼻詰まりが解消され快適に過ごせているようです。

今回から数回に渡り、旦那さんの鼻の手術の記録をお伝えできたらと思います。鼻炎に悩んでいる方の参考になれば幸いです。

旦那さんの鼻の症状

チェックリスト

病院を探す前の旦那さんの症状をお伝えしておきます。

  • 旦那氏(30歳)ぜんそく持ち
  • 高校生くらいから鼻炎の症状あり
  • 鼻水・鼻詰まりが慢性的

旦那さんとは約10年の付き合いですが出会った頃から鼻炎とぜんそくの症状がありました。鼻水がでるため出かける時もティッシュを欠かさず持ち歩いていました。

komako
komako
鼻をかむ頻度が多く、テッシュを大量消費します。そのため我が家は通販で一気に20箱購入しています。

耳鼻科に定期的に行き薬を処方してもらっていましたが症状はあまり変わらなかったです。

鼻炎を治そうと思ったきっかけ

ベット

鼻炎を治そうと思ったきっかけは2つあります。このことをきっかけに手術ができる病院を探し始めました。

鼻の手術をした体験談を聞く

私はもともと慢性的な鼻水・鼻詰まりは治らないと勝手に思い込んでました。そんな時、前職の先輩から過去に鼻の手術をした体験談を聞きました。旦那さんと同様、慢性的に鼻水・鼻詰まりに悩んでいて手術をしたそうです。

komako
komako
その先輩は突然鼻から白いきのこがでてきたそう(笑)これはまずいと思い病院に行き、その後手術をしたそうです。術後は世界が変わったと言っていました。
もふ太郎
もふ太郎
白いきのこ…先輩は面白おかしく話すから笑いながら聞いてましたが大変な事態です。白いきのこの正体は鼻茸という鼻の粘膜の炎症でできる腫瘍とのこと。

また旦那さんも仕事関係の人から鼻炎手術の体験談を聞いていました。お子さんが鼻炎だったようで手術をしたそうです。そしてそのお子さんも手術をしてから世界が変わったとのこと。

このように人から鼻の手術の体験談を聞くことで「鼻炎は治らない」という思い込みが「鼻炎は手術で治せる」というものに私の中で変わりました。

ついには耳詰まりも!旦那氏の鼻炎が悪化

昨年の春頃、夏にある国家試験に向けて旦那さんは猛勉強していました。仕事も忙しく、家では勉強。体も心もしんどい中、突然、旦那さんは耳の痛みと詰まりの症状に悩まされました。

最初は中耳炎かと思い病院に行きましたが中耳炎ではないとの診断。医師からは鼻炎からくる耳詰まりではないかと言われましたがはっきりした原因はわかりませんでした。

痛みを抑える薬ももらえずただ痛みが引くのを待つ状態。ただでさえ鼻詰まりもあるのに耳の痛みと詰まりがあわさって仕事も勉強も集中できないつらい状況でした。

komako
komako
当時は国家試験も控えている大事な時期でした。旦那さんがつらそうにしていてもどうすることもできず不甲斐ない気持ちでいっぱいでした。

このことをきっかけに私は本格的に鼻炎を治せる病院を探し始めました。

人気過ぎて予約が取れない!鼻のクリニック東京との出会いと初診予約のコツ

病院

鼻炎手術ができる病院を探し始めた私。さっそく「鼻炎 手術 東京」で調べると検索上位に鼻のクリニック東京という病院がでてきました。病院名からして鼻を専門としている病院なのは明らかでした。最寄り駅は東京駅。そして日帰り手術が可能とのこと。

我が家から東京駅は行きやすいこともありさっそく予約の電話をいれてみることに。初診専用の電話番号にかけてみると現在の予約枠はすべて埋まっているというアナウンスが…。

komako
komako
さすが検索上位にくる病院。東京の一等地にあるのも納得です。

次の予約枠は月始めから開始されるというアナウンスが流れたのでカレンダーの予定に書き込んでおき、一旦予約はあきらめることにしました。

そしてやってきた月始め。平日でしたがちょうど仕事も休みで電話が可能でした。電話受付時間は8時半~となっていたので8時半ちょうどに電話をかけました。すると意外とすんなり電話がつながりました。

希望の曜日を伝えるとキャンセルがでていたみたいで思ったより早い日にちに初診を入れることができました。旦那さんが平日休みで助かりました。こういう時平日休みのありがたみを感じます。

確実な予約を狙うなら予約開始日・開始時間に電話する

当時は電話のアナウンスで次の予約開始日のアナウンスがありました。現在は鼻のクリニック東京のHPに初診予約のお知らせが掲載されています。

【公式サイト】鼻のクリニック東京

早めの初診が希望であれば平日を狙う

鼻のクリニック東京の休診日は日・月曜日と祝日です。そのため土曜日は激戦かと思われます。初診以降は診察後に予約がとれ土曜日の予約も可能でした。

まとめ

今回は導入として旦那さんの鼻の症状と鼻のクリニック東京の初診予約の流れについて紹介しました。藁にもすがる思いで鼻のクリニック東京に電話、そしてなんとか初診予約を無事終えました。

旦那さんが通院時、何度かついていきましたが患者さんの多くが旦那さんと同様に鼻をすすっていました。

komako
komako
旦那氏はその光景をみて「仲間がたくさんいる」と喜んでいました(笑)
もふ太郎
もふ太郎
同じ痛みを分ち合える仲間だからね。

耳鼻咽喉科に通院していても一向に鼻炎の状態が改善しない方は手術も視野にいれて病院探しをしてみることをおすすめします。また、鼻のクリニック東京を検討している方は今後手術後までの流れを記事にしていこうと思うのでぜひ参考にしてみてください。

komako
komako
鼻のクリニック東京の予約はすぐにはとれないので早めに予約をしてくださいね。

次回は初診~手術までの流れをまとめていければと思っています。ここまでお読み頂きありがとうございました。

ABOUT ME
komako
千葉県在住、ふくろう好き主婦komakoです。大好きなふくろうのことや私の結婚生活について発信しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です